40代のオシャレ 薄毛

薄毛女性の味方!40代のウィッグは全然アリな理由

手鏡で薄毛チェックの女性

薄毛女性が「育毛・発毛」か「ウィッグ」かで悩む理由

30代の中頃に初めて自分がハゲ(薄毛)だと、はっきりと自覚した私ですが、当時から今までずっと悩んでいることがあります。

それは、「ウィッグ」を使用するかしないか?ということです。

ウィッグとは、日本語で言うところの『かつら』です。

「かつら」って文字に起こすと、かなりインパクト大ですね。

言葉のちょっとしたニュアンスなんですが、女性なら誰でも「ウィッグ」はオッケー!でも、男性のハゲに使用するイメージの言葉「かつら」は、ノーサンキューと言ったところでしょうか?

その「ウィッグ」なんですが、20代の時にはお洒落アイテムとして使っていた女性でも、いざ自分がアラフォーになりハゲに直面した時『薄毛隠し』としてお手軽な気持ちで利用できる人は稀ですよね薄毛に悩む女性
45歳の私も『ウィッグに手を出すかやめておくか』お悩み爆進中です!

できれば、育毛・発毛でハゲの危機を乗り越えたい!その気持ちは痛いほど分かります。

それはつまり、いつ生えてくれるか分からない発毛を期待して、敷居の高いウィッグに手を出さないということなんじゃないでしょうか。

薄毛女性ならではのヘンなプライドが邪魔をして「私もまだ、ウィッグを付けるほどでは無いよね〜〜〜」なんて、頑なにウィッグを拒絶しちゃっています。

パゲぴー
パゲピチャを選ぶか、ウィッグを選ぶか...それが問題だ

頭頂部の薄毛を隠せる「部分ウィッグ」が断然便利なワケ

女性の薄毛の多くが、頭頂部のあたりだと思います。

また頭頂部は、白髪を染めてもすぐに生え際と染めた部分がツートンカラーになってしまう悩ましい部分でもあります。

なので、もしウィッグを買うならこの頭頂部をカバーできる部分ウィッグをおすすめします。

部分ウィッグ装着

理由をいくつか挙げてみました。

 

  • 朝のセットでは薄毛隠しのために、ブローで逆毛を作ったり固めるスプレーを振ったりと時間が掛かっていたのが、ウィッグ装着約5分とかなりの時短でセット完了する
  • 頭頂部に毛量が多いと、ペタンコ髪より断然若々しく見える
  • 白髪染めで染めた部分と白髪の部分のツートンカラーが隠せる

 

この3点は、特に毎日外へ働きに出る女性にとってウェート高め事項ですよね。

また、『部分ウィッグ』は小さなサイズですし、心理的にも付けているというプレッシャーが比較的軽いと思います。

人生の折り返し地点!40歳からの女ざかりは意外と短い

最近、40代ってかなり女性として貴重な時間なんじゃないかなぁ...と思っています。

「同窓会あるある」らしいんですが、40代の時かなりの美魔女で美しかった人も、50代になって会うと『あ!この人も年相応になってきたね』と、そう思われるらしい(怖)

40代では美魔女がまだまだ巷には溢れているけれど、50代の美魔女は稀有な存在なんですって(;ー;)

そう考えると、髪のボリュームで女性の見た目年齢や美人具合はぐっと変わるのに、この最後(!)の女ざかりの40代を頭頂部の薄毛ごときで無駄に過ごしていいものか...

発毛や育毛って「食事から見直す」となると、私の経験から見ても6カ月間もの期間が結果が出るまで掛かります。

それにその発毛ですら、やはり若い頃のような重厚なボリュームではないんです。

頭皮が見えていたのが、頭皮が隠れてハゲではないよね...でも、ペシャンコ頭頂部だね!と言った具合です。

なので、満足なお洒落を存分に感じられる最後の女盛り40代!を、部分ウィッグでさらに魅力的に演出してあげてもいいんじゃないかなぁ。

そう最近思うようになりました。

また実際に部分ウィッグの購入&使用感のレポートをしたいと思っています。

皆様もヘンなプライドは傍に置いておいて、楽であり女性の美しさ倍増の小道具「ウィッグ」を生活に取り入れませんか?

素敵な40代ライフが訪れること間違いなし!

-40代のオシャレ, 薄毛

© 2020 ハゲてマジで腸活始めたブログ