腸活 薄毛

【自律神経失調症】コロナ禍!在宅勤務でハゲ(薄毛)が促進したワケ

在宅ワーク
パゲぴー
ここ3か月ほどずっと家にこもりきり!在宅勤務中のパゲぴーです
なんでも、生活リズムが狂ってるそうじゃな?
博士

 

パゲぴー
博士!そうなんです。お昼ご飯を食べ、そのままついついお昼寝していたら夜寝れなくなってきました〜〜〜!
そもそも、勤務中にお昼寝もどうかと思うが...
博士
何か対策を打たねば薄毛が進行するゾイ!
博士

コロナ禍で昼夜逆転!結果、自立神経失調症の症状が出始めた

コロナで在宅勤務が増えているそうですが、皆さんはどうでしょうか?昼夜逆転の生活になっていませんか?

自立神経の乱れについての簡単テェック項目を作ったので、当てはまるか見て下さい。

  • 昼夜逆転生活。夜寝れなくなり、夜に活動的
  • 不眠気味で、夜に眠りが浅くなんども目覚める
  • めまい、立ちくらみがする
  • 便秘、もしくは下痢気味だ
  • 感情が不安定で、不安感やイライラが常にある
  • 倦怠感が取れず、疲れやすくなった
  • のぼせ、逆に冷え性
  • 生理不順

 

私は、このほとんど当てはまりました(泣)

はじめ、コロナで在宅勤務になったから自立神経が乱れたと思っていたんです。

が、どうやら年と共に「自立神経の働き」が段々弱ってくるそう!(驚)

要は、アラフォー・アラフィフ以上の年齢は、油断すると簡単に自立神経失調症になっちゃうんですって!

心と体の免疫力を高める最強習慣

『名医が実践!心と体の免疫力を高める最強習慣』

著者:順天堂大学医学部教授 小林弘幸

 

最近購入した▲▲▲こちらのお医者さんの本に、そのヘンの詳しいことが載っています。

薄毛改善のヒントになることも盛り沢山の内容だったので、ご興味があれば是非読んでみて下さい。

血流が悪くなるのは、加齢とともに自立神経の働きが低下していくため。交感神経と副交感神経からなる自立神経は、血流や発汗、内臓機能などをコントロールする大事な存在です。自律神経の働きが低下することで血流が滞り、それが自立神経の乱れを引き起こし、さらに血流が悪くなる......そうして負のスパイラルに陥ってしまうのです。

一方、血流の流れの質は腸内環境と密接に関わっており、腸内環境もまた、加齢とともに環境を整える腸内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することで悪化していきます。その結果、血流の質も悪くなっていきます。

『心と体の免疫力を高める最強習慣』より

自立神経の乱れが血液の巡りを悪くさせる!ハゲを促進させる原因にも

本の著者、小林弘幸先生によれば、『血流を管理している自立神経の働きが加齢とともに低下する』といわれています。

私のようなアラフィフの45歳が、若い頃と変わらない軽い気持ちで「夜更かし」を2〜3日続けただけで、すぐに昼夜逆転の生活が固定されてしまうのも納得!

自律神経の働きが、若い頃より低下しているので、元の体内リズムに戻すのにも一苦労です。

また、自立神経の乱れによる血流の滞りが、巡り巡って薄毛の原因「冷え性」にも繋がっていたとは!!!

 

【負のスパイラル】コロナの自宅待機による運動不足で便秘ぎみに!また、暴飲暴食が更なる腸内環境の乱れへと発展

コロナによる在宅勤務で、私は極端に家に引きこもる生活になっていました。昼夜逆転生活だけではなく、引きこもりによる運動不足。

そして、好きな時間に食べて、おやつも食べ放題!暴飲暴食が止まらない...という事態に(泣)

気がつけば、下腹がポッコリ!便秘も気になりだしました。お肌もなんだかくすんで冴えない青白い顔

パゲぴー
これは、絶対腸内環境がよろしくない兆候ダぴー
そりゃ、食っては寝て夜中起きてる生活なんていいはずがないゾイ
博士

 

さらに、小林弘幸先生はこうもいわれています。『腸内環境と血流の流れの質は密接に関わっている!』と!

なので、自立神経の乱れ→血液の滞り→薄毛促進→ストレス→さらなる自立神経の乱れ→血液の滞り→薄毛促進....

そういう負のスパイラルにならないために、改善のきっかけを作るとすれば、

 

それはまず腸内環境を整えて血流の質をあげてやる!

 

それが元に戻すのに、一番手っ取り早く大事な方法だと感じました。

 

更なるハゲ(薄毛)の進行を食い止めよ!
〜腸内環境と生活リズムの大改造〜

以前から、腸内環境は食事だとかサプリメントで気をつけていた私。

ですが、昼夜逆転の生活が続くにつれ、倦怠感から料理をする気力がなくなり、自然と簡単便利なインスタント&冷凍食品ものが増えていました。

引き寄せの法則とはよく言ったもので、不思議と悪い生活習慣には、インスタント食品のような覇気のない食事を自ら呼んでます。

なので今、私は『自立神経の乱れ改善』のために、下記のことをやり始めました。

自立神経整えるためにやっていること

生物(ナマもの)の野菜や果物を摂る

腸内環境を整えるビオフェルミンS錠を毎日飲む

自分に合うヨーグルトをなるべく毎日とる

昼間、絶対眠くても寝ないと決める

昼間カーテンを開け、日の光をなるべく目に入れるようにする

1日に一度は外へ出て、10分ほど歩く

 

パゲぴー
昼間に寝ると、どうしても夜起きちゃうんダぴー!
生活リズムが狂うのは一瞬じゃが、戻すのは何倍ものエネルギーじゃゾイ
博士

 

加齢と共に、自立神経の働きも鈍るとは今まで気がついていませんでした。

若い頃のように簡単に生活リズムぐらい戻せる!と思っていましたが、実際はなかなか...厳しいものです。

夏は暑苦しく、ただでさへ寝つきが悪くなる時期、1日でも早く生活リズムを戻し、自立神経を整えたいと切に願います。

 

そうそう、夏場の冷え性も、まさかの「加齢による自立神経の衰え」でもあったんだ、と今回初めて気が付きました。

薄毛のために!そして独身女の『アンチエイジング』美魔女化計画(!?)のためにも、今後もますます腸活に励んでいきますヨ!

-腸活, 薄毛

© 2020 ハゲてマジで腸活始めたブログ